WP Multibyte Patchの設定は不要?機能を簡単解説

WP Multibyte Patchの設定は不要?機能を簡単解説

Wordpress日本語版のインストール時に、はじめから入っているプラグインの「WP Multibyte Patch」。

この記事では、WP Multibyte Patchの設定は不要でいいのか、また機能についても簡単にご紹介していきまね。

WP Multibyte Patchの設定は不要?機能を簡単解説

WP Multibyte Patchって不要!?

「WP Multibyte Patch」は、Wordpress日本語版のインストール時に、はじめから入っているプラグインですが、いまいちどんな役割をもったプラグインなのか、わかっていない方も多くいらっしゃると思います。

現に僕もですが・・・

大して役割がないプラグインなら、プラグインを入れすぎてしまうとページの読み込み速度もおちしてまうし、どうせ不要なら削除してしまうかなとか。。

それ、ダメですよw

この「WP Multibyte Patch」は、見た目ではどんな役割をしているプラグインかわかりづらいですが、裏では、とっても大事な役割を果たしているプラグインなのです。

WP Multibyte Patchの役割

〇投稿抜粋

「文字数ベース」抜粋の補助機能を提供します。抜粋の最大文字数と more 文字列を設定ファイルより変更できます。

〇文字列カウント方式の設定

言語設定が ja の場合、デフォルトで文字列カウント方式の設定を「文字数ベース」に固定します。

〇検索

検索の際に全角スペースを区切り文字として認識させます。また、検索文字列内の重複するスペースを取り除きます。

〇メール送信

送信メールのエンコーディングを JIS (ISO-2022-JP) 、UTF-8、自動判別の3つのモードから選ぶことができます。有効時のデフォルトは JIS (ISO-2022-JP) です。WordPress 本体の実装とは異なり、UTF-8 モードではボディ部も base64 エンコード (7bit) します。

〇トラックバック送信

日本語を含む多くのエンコーディングのデータが破壊される問題を修正します。

〇ピンバック受信

マルチバイト文字で書かれたページからのピンバック処理機能一式 (エンコーディング検出、変換、トリム) を実装します。

〇ファイル名サニタイズ

マルチバイトを含むファイル名のファイルがアップロード、またはメール添付された場合にファイル名を md5 に変換します。

〇管理パネル

ダッシュボードの「コメント」、「下書き」でマルチバイト文字列が正しく抜粋されるようにします。

投稿エディタのリンク挿入機能で、既存コンテンツの内部リンクを検索する際のインクリメンタルサーチを2文字から動作させます日本語フォントの表示にあわせ、管理パネルのイタリック体を標準に変えます。

引用:http://eastcoder.com/code/wp-multibyte-patch/

そもそも日本語というのは英語などに比べて複雑で、機械的に特殊な文字として扱います。それがマルチバイト文字です。

Wordpressは世界共通の高機能ブログシステムです。

日本語ではマルチバイトとして文字を表現するため、Wordpress日本語版を使っていたとしても若干のずれ(バグ)が生じることがあります。それを自動で補正してくれる役割をもつのがこの「WP Multibyte Patch」ということですね。

WP Multibyte Patchの設定方法

  1. 「プラグイン」を押下します。
  2. WP Multibyte Patchの「プラグインを有効化」を押下します。

Wordpress日本語版をインストールすると、デフォルトでWordpressプラグイン「WP Multibyte Patch」がインストールされていますので、後はプラグインの有効化をするだけです。

設定も不要なので、後はこのプラグインに任せておけばOKです。

その他、Wordpress必須プラグインや後々役に立つおすすめプラグインについては下記の記事でまとめてありますので、是非参考にしてください。
WordPress初期設定の必須プラグインとおすすめプラグイン

まとめ

この記事では、WP Multibyte Patchの設定は不要でいいのか、また機能についても簡単にご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

「WP Multibyte Patch」のプラグインを有効化にしておくことで、後は設定も不要であり、プラグイン自体が自動的に日本語表記に適した処置をしてくれます。

Wordpress日本語版のインストール時に、デフォルトで入っているプラグインですので、それだけ重要性が高いプラグインです。

特に役割までは理解することはありませんが、裏では結構いい仕事をしているプラグインなんだなと理解しておくだけもいいでしょう。

コメントを残す