【WordPressプラグイン】目次ページの作成と設定方法

【Wordpressプラグイン】目次ページの作成と設定方法

Wordpressプラグインを使えば、記事の目次ページを簡単に作ることができます。

この記事では、WordPressプラグイン「Table of Contents Plus」を使った目次ページの作成と設定方法についてご紹介していきますね!

【Wordpressプラグイン】目次ページの作成と設定方法

目次ページとは?

ワードやPDFなども一緒ですが、目次ページがあることで意図したページの目次を押下することで、そのページにジャンプすることができますよね。

Wordpressも、全く同じことができます。

これは、少しでもユーザービリティをあげるための施策ですね。ブログライティングで大事なことは、訪問者さまが満足してもらえる価値ある記事を提供することが基本です。

また、それに加え「目次ページ」や、「ページの読みこみ速度の改善」、「サイト構成の簡潔可」などを施すことによってユーザービリティもあがってきますので、あなたのサイトにファンがつきやすくなります。

では早速、Wordpressプラグイン「Table of Contents Plus」を使った目次ページの作成と設定方法についてご紹介していきすね!

WordPressプラグイン「Table of Contents Plus」のインストール方法

  1. 「プラグイン」⇒「新規追加」を押下します。
  2. 右上の検索ボックスで「Table of Contents Plus」を入力して検索します。
  3. 「Table of Contents Plus」が見つかりましたら、「今すぐインストール」を押下します。
  4. インストール後、「プラグインを有効化」を押下します。

「Table of Contents Plus」の設定方法(基本設定)

1.Wordpressメニュー画面1

Table of Contents Plusの設定方法1

TOC+」を押下します。

2.「Table of Contents Plus」の設定画面1

Table of Contents Plusの設定方法2

  1. 次の投稿タイプのときに表示を「post」にチェックします。
    ※「page」は固定ページで目次ページを表示したい時に使用します。
  2. その他の設定は、特に変更しなくてもOKですが、「見出しの表示条件」や、「見出しテキスト」なども自由に変更することができますので、試してみてください。

3.「Table of Contents Plus」の設定画面2

Table of Contents Plusの設定方法3

こちらは文字のデザインや装飾関係のカスタマイズです。特に変更する必要はありませんが、僕の場合は、「スムースクロール」にチェックを入れています。これは個人的な好みです^^

4.「Table of Contents Plus」の設定画面3

【Wordpressプラグイン】目次ページの作成と設定方法4

あなた好みの目次ページのデザインを選択しましょう!

5.「Table of Contents Plus」の設定画面4

Table of Contents Plusの設定方法5

最後に、「更新」を押下します。

6.サイト目次画面

【Wordpressプラグイン】目次ページの作成と設定方法

ここまでできましたら、一度サイトを確認してみましょう。

上画像の様に、目次ページが作成できていればバッチリです。もし、目次ページが作成できていない際は、以下のケースが考えられます。

目次ページの注意事項

目次ページを表示させるための注意事項

目次ページを表示させるためには、記事の編集画面で「見出しの設定」をしなければ、目次ページが表示されません。

見出しにしたい文字をドラッグして、赤枠で囲っている見出し一覧からお好みの見出しを設定する必要があります。

「Table of Contents Plus」の設定方法(サイトマップ設定)

僕的には特にこの機能を使っていませんが、一応ご紹介しておきますね。

1.サイトマップ設定

Table of Contents Plusの設定方法99

こちらの機能は、記事ページの任意の場所に、

のショートコードを入れることで、固定ページやカテゴリーページも入れ込む事が可能です。

特に設定などはありません。

2.サイト画面

Table of Contents Plusの設定方法100

記事の任意の場所に

のショートコードを入れると、上画像の様に固定ページやカテゴリーページを表示させることも可能です。

もちろん、目次ページにもきちんと含まれていますよ!ただ、記事の内容とあまりマッチしていないコンテンツが入っていても、あまり意味がありませんよね。

記事ページには、コンテンツにマッチした内部リンク関連記事などを使って直帰率を下がることが好ましいです。僕的には特に必要ない機能ですね!

その他、Wordpress必須プラグインや後々役に立つおすすめプラグインについては下記の記事でまとめてありますので、是非参考にしてください。
WordPress初期設定の必須プラグインとおすすめプラグイン

まとめ

この記事では、Wordpressプラグイン「Table of Contents Plus」を使った目次ページの作成と設定方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

目次ページを作成するためには、上記でふれたように見出しの設定が必要です。あくまでもこの見出しを頼りに目次を作成してくれるプラグインですからね。

また、設定といっても投稿ページ「post」にチェックをいれておけばすぐにでも使えてしまいます。後は、デザインなどのお好みの設定ぐらいですね!

この記事が、あなたに少しでも参考になると嬉しいです^^

コメントを残す